UVクリームをうまく使いましょう

美容

UVクリームをうまく使いましょう

紫外線には波長の長い順からUV-A,B,Cと3つの種類に分けられます。
その中で注意しなければならないのがUV-AとUV-Bで、しわやシミの原因になるほか、肌が赤くひりひりする炎症を引き起こします。
UVクリームは単純に言えば、この二つの紫外線を防ぐためのもので、よく表記されている「SPF]とは紫外線から肌を守る効果の持続時間を示しています。
また「PA]とはUV-Aを浴びたとき肌が黒くならないためのもので、「PA」の後ろにつく「+」は効果の数値を示し、数値が高いほど紫外線防止力が強くなります。
また、成分の中にはよく紫外線吸収剤といわれるものが入っていますが、これはシミやしわの原因になる場合があるので、肌の弱い人は特に避けることをおすすめします。
このように表記されているものの見方を知ることで、普段何気なく使っているUVクリームを選ぶ際に役立ちます。

美容の為に生野菜を食べるようにしています。

美容の為に毎日生野菜を食べるようにしています。
子供の時から野菜をあまり食べずに育ち、肉と魚ばかり食べていましたが、そのせいか肌があまり綺麗ではありませんでした。
それでも若い時には若さがあるのでカバーできていましたが、大人になるとだんだん肌のツヤや張りが無くなり、ガサガサで砂漠のような肌になってきたので、美容のために生野菜を食べるようにしたわけです。
野菜が好きでは無いので、丸かじりするのは苦手ですが、ミキサーで砕いてジュースにすればなんとか飲めます。
サラダのように生で食べられる分は食べ、不味くて食べられないと思ったらジュースにして飲んでいます。
生野菜を食べるようになって、肌はだんだん綺麗になってきました。
肌がきめ細かくなりましたし、肌の奥から水分がよみがえってきているのが分かります。
ビタミン剤などよりも生野菜の方が私の体には合っているようです。
美容を考えないようになると女として終わりな気がするので、これからも生野菜を続けていきます。